抜け感・・・奥が見える開放感

玄関→シューズクロークを開放的に造る

玄関に入り シューズクロークの奥まで天井が続く、壁で仕切るのを止めて繋がる天井にすることにより広く感じます。 これは目線と視線の錯覚を利用した施工方法です。  天井が奥まで見えることで奥行が感じより広く感じます。モデルにてそんな体験をしてみて下さい。